ホーム > Book > 花形装飾の博物誌

花形装飾の博物誌

IMG_2197

バックナンバーも売り切れ、オークションでは1万円近くまで高騰してしまっていた、
幻のアイデア 325号がついに書籍として復刊されました。
花形装飾活字を詳しく解説している書籍はあまり無いのでとても貴重な資料です。
自分と同じく当時買い逃して以来、ずっと探していた方も多いはず。
内容も期待を裏切らない濃さなので、興味のある方はぜひ買ってみてください。

花形装飾活字とは西洋の活字版印刷で伝統的に使われてきた花や模様の形をした活字です。欧文タイポグラフィではしばしば,このような方形の装飾活字ユニットの組み合わせで複雑な模様や飾り窓を表現してきました。本書ではこの「印刷者の花」の歴史的名作の数々をとりあげ,その美しさと歴史的な意義に光を当てます。

2010.12.05