ホーム > Mac > DropBoxで自宅とオフィスのiTunesライブラリを同期

DropBoxで自宅とオフィスのiTunesライブラリを同期

090702_1.jpg

自宅と事務所で別々にiTunesライブラリを管理していたせいで
重複ファイルがあったり、どちらかにしか無いファイルがあったりな状態でした。
ずっと気にはなっていたものの放置していたんですが、
iPhoneを購入して新しく曲を入れようという時にやっぱり不便だったので、
一念発起してついに整理することにしました。

ただ整理するだけでなく、どうせならiTunesライブラリをオンラインストレージに置き、
自宅とオフィスどちらで曲の追加などをしても自動的に反映されるようにしよう!ということで
調べた結果、DropBox上にiTunesライブラリを置いて同期することにしました。

大容量のオンラインストレージはDropBox以外にもSugarSyncやLiveDriveなど
選択肢はあったんですが、DropBoxは評判もいいし、サービス開始当初からずっと使っていて
これまで気になる点も特になく快適に使えていたので、DropBoxにしました。
DropBoxはFreeだと2GBまでで容量が全然足りないので50GBのProアカウントに移行。
値段は年間で99ドル(2009年7月2日現在で約9558円)です。

●自宅
今回は自宅のiTunes環境を元にしようということで、
自宅のiTunesフォルダをそのまま丸ごとDropBoxフォルダに移動。
その後、iTunesのアプリをOptionキーを押しながら起動して、ダイアログで
さっき移動したDropBox内のiTunesフォルダを選択。
これだけで、自宅のiTunes環境移行は終了。

●オフィス
オフィスでもiTunesをOptionキー押しながら起動して、DropBox内の
iTunesフォルダを選択。バッチリ自宅とまったく同じライブラリが開けました。
その後、「ファイル→ライブラリに追加」でもともとオフィスの環境で使用していた
iTunesフォルダを選択して、曲の取り込み。
オフィスでの再生回数などの情報は全部リセットされちゃいますが、目をつぶります。

●使用してみて
とりあえず、CD3枚ぐらい取り込んだりしてみましたが、ローカルにもファイルがあるので
今までと全く変わらない使い心地で快適に使えています。
CD1枚ぐらいなら10分弱ぐらいで同期が完了します。
両方の同期はフレッツ光で約26GBで丸2日ぐらいかかりましたが、
最初だけなので、まぁしょうがないかなと。

こんなに快適ならもっと早くにやっておけばよかったです。
iTunesライブラリを同期する目的じゃなくても、DropBoxは本当に便利なので
まだ使ったことがない方はぜひ使ってみてください。2GBなら無料なので。

こちらのリンクから新規登録してもらえると自分に500MB、登録してくださった方にも250MBの
容量がプレゼントされますのでぜひお願いしますw
https://www.getdropbox.com/referrals/NTYwODY2OQ

2009.07.02